商売人ならe-MACSを活用しましょう|今すぐ加盟

就労目的での滞在

地球と電卓

条件クリアが必要

通常、香港を訪れるのであれば90日間の訪問ビザが発行されます。ただしこれは、観光などを目的としたものであり、一切の就労は認められていません。そのために、香港で仕事をしようとした場合には、たとえ90日以内だったとしても、就業が可能なビザの取得が必要となります。代表的なものには、就労ビザと投資ビザがあります。これらのビザを取得するのは、簡単なことではありません。これは香港に住む自国民の雇用確保と、経済を安定的に継続させるためにとられている処置です。一般的には就労と投資であれば、前者の方が取得はしやすいと言われています。香港の企業に赴任したり、就業したりする際にはこれが必要となります。初回に取得する際の期間を延長することも可能です。初回取得時から7年を経過すると、永住権やパーマネントIDカードの申請が可能となります。もしこれらが認められると、就労に関する制約がなくなり、ビザの必要がなくなります。ただし就労ビザの取得には多くの条件が必要です。まず第一に、重い犯罪歴がないことや入国の際に拒否されたことがないことが条件です。また就労に際して、技能資格や専門的な能力を持っているか、過去に実績や経験が満たされているかなども条件となります。香港で約束されている雇用条件が、専門職としての水準を満たしていることなどもあります。用意されているポストが、現地の香港住民では代わることが出来ないという理由も必要となります。このように、香港で就労ビザを取得するには少し骨を折る必要があります。一度取得に失敗してしまうと、再申請が難しくなってしまうので、申請には信頼のおける業者を利用するといいでしょう。