商売人ならe-MACSを活用しましょう|今すぐ加盟

大手に就職しよう

店員

専門的に学ぶことが大事

定年を迎えたら第二の人生として、カフェを開業したいという人は昔からたくさん居ます。しかし、実際に開業するとなると、そう簡単なものではありません。まず、カフェなので、専門的な勉強をする必要があります。コーヒーの種類、淹れ方などを学習することは基本中の基本です。続いて、道具も買いそろえる必要があります。中古品を利用するなど、工夫してみましょう。もちろん、立地場所探しも大切です。お客さんが入らないことには商売にならないため、お客さん視点で考えてみましょう。このように、カフェの開業には様々な準備が必要となります。資金繰りなど、初心者にはとてもむずかしいものがあるため、もっと手っ取り早い方法を探してみましょう。例えば、大手のカフェチェーン店に就職するという方法が挙げられます。カフェで働くことで専門的な知識も身につけられるだけではなく、経営に関しても間近で見て知ることができます。場合によっては、最初から独立したいことを店長に話しておくと、その支援をしてくれることもあります。実際に、最近はチェーン展開しているカフェが多くなっているので、フランチャイズ開業を目指してみるのも一つの手段です。この場合、カフェに必要な資金の援助も受けられ、必要な道具なども親会社の方でそろえてくれます。つまり、のれんわけをするという形です。カフェの開業を目指す人は大手のカフェに就職し、そこから独り立ちできるようにしてみましょう。